三日月に誓って

山下智久くんに出会って生まれ変わった私です。 イタいほどの愛を語ってます。お智達募集中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まったりと…(追記×2あり)

ドラマが終わった 山下さん


P日記がやたら ほのぼのしちゃってます(笑)  22


でも 考えたらそうだよね


白虎隊の撮影で 京都での日々


その合間を縫って 東京での仕事


カウントダウンコンサートでの NEWS復活


カレンダー撮影


新曲のレコーディング


コンサートのリハーサル


新曲のための TV出演


コンサート


ドラマの撮影…


ほんとよく モチベーション保っていられるね って


いうくらいの スケジュール 388


手越さんが 雑誌で 言ってたっけ


 『 山下くんは どんなに忙しくても 


 文句ひとつ言わない。   


 そういうとこ 尊敬します。 』 って


ほんとだね


与えれたものには 全力投球で 取り組む


その姿勢が キャスト・スタッフの方々にも 伝わるんだね


だから 可愛がられる 290


もちろん 私たちにも 伝わってます


ジャニーズのメン達は そういうとこ すごいよね


プロ意識 354


先輩を見て そういうの学ぶのかな?


前に SMAPの中居くんが 言ってたっけ


 『 仕事が休みだと 不安になる。 


 オレ 大丈夫か? 』 って


毎日 TVで見ないことがない


中居くんでさえ そう思う 世界  352


もちろん 山下さんは


あんまり そういう風には 考えないだろうけど(笑)


映ってなんぼの 世界だからね


舞台など見れない 田舎に住んでる 私からすれば


TVに映ってないと 仕事してないんじゃ…?  388


なんて思うほど TVの露出は大切です


今年は NEWS復活の年だよ  20


『 みんなに 去年の分も 恩返しを… 』 って


言ってくれたのに…


ジャニーさんは ほかの子たちに 目がいっちゃったのかな? 164


やっぱ 若いのがいいの?  12


TBCのCMも やらないし


バレーボールも 今年は聖子ちゃんだし…


8月29日まで 待てません


なんか やって~  409


毎週 メンたちが 見れるように


冠番組 持たせてください


お願いします  435


 


それにしても


ポポロの 胸キュン。ゆかた祭り いいね~ 343


でも… NEWSメンの着方は まじめすぎる


カツンのように 色っぽく着て欲しかったなぁ


胸元 ガッと開けて欲しかった(笑) 10


 


明日(今日)はいよいよ プロ大 最終回です 314


P日記で 髪切ったって 316


夏仕様って…


また 短くしたの?


まさか ボウズじゃないよね(汗)


クロサギあるから それはないよね?


もう 黒髪に したのかな?


明日までは 健ゾーで いてほしいな 


さぁ もう寝ないと めざまし 見れないや


久し振りの 生 山下さんだもんね 290


そして 最後の 健ゾー山下さんから


メール 届くかな?


楽しみだけど ちょっと 寂しいです


 


(追記)


めざましに 山下さん出なかった… 356


まさみちゃん 忙しいのかな?


山下さんは 何もないと思うんだけど(笑)


番宣も あんまりやらなかったしね 359


せっかく フジなのに テレフォンショッキングにも


誰も 出なかったし… 388


山下さんファンだけに メールしても


視聴率 上がらないよ


もう… 393


出るの いいともだけ なのかな?


生 山下さん 黒髪かな~


楽しみだね 343


 


(追記 2)


いいとも 終わりました


髪 短っ


久々に見たよ


耳出てる 山下さん


黒髪・ボウズじゃ なかったね


メッシュ入ってた


かわいいより かっこいいを意識した?


男っぽい感じ 


ほんと 夏仕様だね 


このまま コンサートやったらいいんじゃないって 感じ


you やっちゃいなよ 415


顎のラインが すっきり見えて


また 顔 小さい~


隣の人が 気の毒だよ(笑)


二人 手をつないで 登場したけど


あんま いやじゃなかった


ネックレス…


あれじゃ なかったね


気を使ったのかな? 426


仁くんと おそろの 女体のやつだった


ピアスも 一個だけだったね…


さすがに 上に言われたか?


まぁ いいや


こっちでは 未公開のやつ やらないんだ


一重担さんに お願いしてあるんだけどね(笑)


夜まで 仮眠します


寝不足 なんです


山下さんからのメールで 目を覚ませたら


嬉しいなぁ 343


 


 


 


 


 


 


 

『 LONG  VACATION  』


 


仕事が一段落した 智久は


今年に入って 初めて 


ゆっくりとした時間を 過ごしてると


メール してきた


久し振りに 時間に追われることのない 生活を


満喫 してるようだった


メールの まったりとした 文章に


読んでるこっちまで 笑顔になった


『 昨日は 仁と Uと 会ったんだ。 』


それしか 書いてなくても


リフレッシュできたのが 伝わってきた


『 よかったね。 


 大好きな人達と ゆっくり 出来て。


 二人に会うのは 久し振りだったんでしょ? 』


『 うん。 ゆっくり 会うのはね。


 やっぱ 大切だね、マブダチとの 時間は。


 あっ、ゆみちんと 会う時間も 作るよ。


 今度 いつ休み? 』


『 気を使わなくても 大丈夫だよ。


 私は 忙しい中でも 


 智久に 時間作って もらってたから。 』


『 違うよ。 ほんとに ゆっくり 会いたいんだ。 』


『 ありがとう。 じゃあ お言葉に 甘えて…(笑)


 今日 夜勤やったら 明日から 3連休だよ。 』


『 マジで! だったら 明日 朝から行くよ。


 ゆみちんは 寝てていいからね。 』


『 だめだよ 私。


 起こしてくれないと 昼まで 寝てるよ。 』


『 いいよ。 夜中まで 働いてるんだし、当然だよ。


 大丈夫、いつまでも 起きなかったら


 この前 ゆみちんに されたようにして 


 オレ 起こすから(笑) 』


明日 智久に ゆっくり会えると わかったら


仕事してても 笑顔になる 自分がいた


後輩から 気持ち悪がられるほどだった(笑)


『 なんか 今日のオネエ 変ですよ。


 常に ニヤニヤしてるし。 』


『 明日から 3連休 だからだよ。 』


『 また~ そう言って いつも


 家に仕事 持ち帰ってるじゃ ないですか。 』


『 いや、今回は 完全offです(笑)


 勤務代わってって言っても 絶対 無理だからね。 』


『 なんか 怪しいなぁ。


 だれかと デートですか? 』


無視するつもりが 思わず口がすべった


『 違うよ。 あっ でも 家にはこないでね。


 電話も メールも NG。 』


『 はいはい。 


 誰かくるの バレバレじゃないですか。


 邪魔しませんから ごゆっくりとね。 』


その後 入院がきても 急変があっても


にこやかに 仕事してる自分に 驚いた


仕事が終わって 家に着いたのは AM3時を 回っていた


それから 何か 作ろうとしたが、眠気に 勝てず


諦めて ベッドに入った


『 智久が来てから 一緒に作ろう… 』


夢の中で 献立を考えた


 


なんか いい匂いがするなぁ…


『 オリーブオイルとベーコンの いい匂いがする。


 お腹 減ったなぁ… 


 夢の中で 匂いがするってことは


 かなり お腹減ってるな 私。 』


夢みごこちのまま あれこれ考えていると


ほっぺに キスされた


柔らかい唇の 感触


耳を 甘噛みされた


首筋、 鎖骨にも キスされた


そのまま ギュッと抱きしめられた


左手が ち○びへ


右手が下の方へ… と 伸びたとこで


はっきり 目が覚めた


『 ちょっと~ 何してんの?


 気持ちいいじゃん。


 って、 こら~(笑) 』


『 ほんとに 昼まで 起きないんだもん。


 この間の お返しだよ(笑)


 で このまま 続きする?


 それとも 腹ごしらえが 先? 』


『 ん~ どっちに しようかな(笑)


 でも お腹 ぺこぺこなの。 』


『 そう思って 作ったんだ。


 エリンギとベーコンのパスタ。


 食いしん坊の ゆみちんなら 


 匂いがしたら 起きると思って(笑) 


 天気いいから ベランダで食べようよ。 』


見ると ベランダに テーブルを 準備していた


智久が 最後に大葉をのせ パスタを完成させた


『 すごい、 いい匂い。


 おいしそうだよ。 早く食べよう。 』


智久と 一緒に食べている事が 嬉しかった


智久が 私のために 作ってくれたことが


もっと 嬉しかった


ピーカンの天気が もっとおいしくさせた


智久の 大好きな音楽を 聴きながら


のんびり 二人で過してる事が 幸せだった


二人で いろんな話をした


 


キッチンで 洗い物をしていると


ベッドでごろごろしてる 智久が 見えた


枕に 顔をうずめている


『 う~ん ゆみちんの 匂いがする。 』


『 なに 危ない事 言ってるの。 』


『 ほんとだよ。 ゆみちんも 早くおいでよ。


 オレ 昼間から ベッドで イチャイチャするの


 やって みたかったんだ(笑) 』


そばに行くと 腕を引っ張られた


『 こっち こいよ。 』


強気な智久に ドキッとした


そのまま 暗くなるまで 抱き合った


 


シャワーしていると 智久が入ってきた


『 恥ずかしいから だめだよ。 こないで… 』


『 いまさら 何 言ってんの。


 さっきまで あんなことしてたくせに(笑)


 体 洗ったげるよ。 』


『 明るいのは 苦手なの… 』


お互いを 洗いっこした


もちろん それだけで 済むわけはなかった…


あやうく お風呂場で のぼせてしまう とこだった


 


 


『 もう 外 すっかり 暗くなっちゃったよ。


 のぼせちゃったね~ 』


『 外に 涼みに行こうよ。


 そうだ。 この前 雑誌の取材で 浴衣着たんだ。


 それ 貰ってきちゃった。


 ゆみちんのも あるよ。


 これ着て 出かけよう。 』


帯を締めると 智久の背筋が ぴっと伸びた


大人びた印象になる


『 いいねぇ 今着たばっかなのに


 もう 脱がせたく なってるよ(笑) 』


智久が 腕組みしながら 私を 見ている


『 前に かんざし刺して あげたこと あったよね。


 初詣のときだっけ?


 もう あれから半年か~ 早いな…


 いろんなこと あったなぁ 』


考え深げに そっと 私の髪に かんざしを刺した


 


二人で あてもなく ぶらぶら歩く


『 ん~ 風が気持ちいいね。 』


智久が そっと 手をつないできた


『 オレ いつも こうやって


 ぶらぶら 散歩してんだ。 』


智久と一緒だと ただの散歩も 楽しかった


『 花火大会に 行きて~


 まだ 早いもんな。


 去年は 車で行ったよね。


 終わりの方しか 見れなかったけど(笑) 


 今年こそ 最初から 一緒に見ようね。 』


無理だと わかっていても 


智久の その気持ちが 嬉しかった


 


 


二人 公園のベンチに座る


周りには いつの間にか カップルがたくさんいた


彼氏に もたれかかってる子も 見えた


キスしてる人もいた


ドキドキしていると 智久が つぶやく


『 しかし 暑いね。


 これだと 胸元 暑いわ。 』


浴衣の前を きっちり 合わせていたが


暑さに 耐え切れず


胸元を がばっと 開ける 智久


胸板が のぞいた


水を飲む 智久の喉仏が 色っぽかった


『 ちょっと 開けすぎだよ。


 刺激が 強すぎるから(笑) 』


足元も 半分 捲り上げている


『 大丈夫だよ。 誰も 見てないから。


 みんな 自分達のことで 精一杯だよ(笑) 


 それより ゆみちん 暑くないの? 』


『 暑いよ。 首に 汗かいてるでしょ? 』


『 どれ オレ 汗 拭いたげるよ。 』


ハンカチで 汗を 拭き取ってくれた


と、 いきなり うなじに キスする 智久


『 うなじ やっべ~よ。 まじ やばい!


 もう 帰ろうよ(笑) 』


そう言いながら また うなじにキスした


『 し~ 声大きいよ。


 うなじは だめだよ。


 仕事のとき 髪アップにするから


 キスマークついたら 目立つでしょ。 』


『 いいじゃん。 わざと つけたげるよ。


 「 この人は オレの物で~す 」 ってね(笑) 』


『 もう ばかなこと 言ってないで 帰るよ。 』


照れくさくて そそくさと その場を離れる私


智久が 追いかけてくる


『 待ってよ。 コンビニ 寄ってこうよ。


 オレ 腹減った。 』


『 家 帰ったら 私 なんか作るよ。 』


『 だめ。 帰ったら すぐ したいから(笑)


 すぐ 食べられるもの 買ってくの。 』


『 うそ またするの? 』


『 当たり前でしょ。


 コンビニには ラクベジないんだよね 』


智久が 口ずさむ


『 楽っらく~ ラクベジ~ 』


ごきげんだった


買ってきたものを見ると ウイダーinゼリーがあった


お弁当のほかに 黒胡椒せんべい、 黒胡麻餅 もあった


 


コンビニの 焼肉弁当を食べ


また ベッドに向かう 智久


『 ほら ゆみちんも おいでよ。 』


『 それしか することないのか うちら(笑) 』


『 いいじゃん。 3連休なんだから。


 明日は 一緒に プロ大最終回 見ようね。 』


『 えっ、 明日も 時間あるの?


 嬉しいけど 私の腰 持つかな… 』


『 大丈夫。 ゆみちん 若いから(笑) 』


『 いやみなやつ。 


 こうなったら 智久の若さ 吸い取ってやる~ 』


『 そういうこと言うのが 若くないんだよ(笑) 』


『 うるさいなぁ。 その口 ふさいでやる 』


智久の口を キスでふたした…


 


 


お互いを 求め合い


お腹が減ったら ご飯を食べ


眠くなったら 眠る


そんな 当たり前の事が 幸せだった


もちろん 3日間続いたため


連休明けの私は 死んでいたけど(笑)


 


 

スポンサーサイト

ジャンル : アイドル・芸能
テーマ : 山下智久

[ 2007/06/25 03:11 ] 妄想日記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。