三日月に誓って

山下智久くんに出会って生まれ変わった私です。 イタいほどの愛を語ってます。お智達募集中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

0409 Vol.20 音楽

待ってました 17の発売 315


5月は1回しか 発売がなかったので


なんか えらく 久し振りのような気がしますね


他の記事には 目もくれず


一目散に 後ろのページへ


必ず 嵐が最初に開くのよね~ 290


この本 買ちゃったけど(笑)


そして・・・山下さん登場


キャーーーーーーーー 238


し、 白タンク 352 じゃないの


しかも 1枚で着てる~ 10


ちょうど プロ大の第7話 撮ってるときだったのかな?


ヘッドフォンを右耳にあて うつむく山下さん


聴いてる曲は 切ない歌 なのかな?


うつむいて 髪の毛の影が 出来てて


なんか 一層切ない顔に 見える


ヘッドフォンに 手を当ててるから


二の腕の筋肉が いい感じに盛り上がって


美しい~ 352


産毛まで 見える・・・ 415


左肩に 小さいほくろ発見 343


前の前のエントリーで 書いたの全部 当てはまってるよ


ほんと いい写真


タンクのしわまで エロく見える 10


白い壁に写った 山下さんの影も 美しい 353


二の腕の筋肉 指先の影も きれい 353


小さい写真も 好き~


後ろ向きの写真 345


首から肩 肩甲骨のラインが すばらしい 352


裸より エロいよ・・・ 10


前に コンサートのレポで (4月18日のエントリーね)


Tシャツの 後姿が 男らしくて やばかったって 書いたんだけど


このことを 伝えたかったの 20


痩せてるんだけど 締まってるっていうのか


筋肉質って いうのか


マッチョは 苦手だけど


いまの山下さんが ちょうどいいって言うか・・・


あの体で 抱きしめられたら 腰砕ける 10


確実にね(笑)


別の写真には 脇の○ 写ってるし(笑)


強いて言えば 水かけた写真も ほしかった


濡れて ち○びが 透ける・・・(爆)


 


事務所に入ったきっかけを


いつも お芝居がしたかったからって話す 山下さんらしく


Jrに入った頃は 歌うことについて、あんまり深く考えることはなかったそう


高校に入って マブダチとカラオケに行って (Uくんのことだよね)


歌が 超うまかったから 素直に 『 すごいな 』 って言ったら


歌い方 教えてくれたんだって


ギターも 教えてもらったんだって


Uくん ありがとう


あなたのおかげで 山下さんは いろんなこと 知ったんだね


ほんと 感謝してます


山下さんが 内面的にも 変わっていったのは


あなたのおかげ なんだね


あなたに こころ許してるの わかる 気がする


仁くんとはまた違う こころの許し方 なんだろうな


仁くんと 山下さんは どんぐりの背比べ(笑)みたいに


対等な 同じラインに立って 


お互いを刺激して 高めあってる


Uくんは そのひとつ上を いってるというか


マブダチなんだけど


お兄ちゃんみたいな お父さんみたいな・・・


とにかく 安心できる存在 なんだろうな


二人より 人間的に出来てる 気がする・・・


まぁ あくまで 山下さんが発信する情報による


私の Uくんのイメージなんだけどね(笑)


知ったかぶりして Uくんファンの方 ごめんなさい


でも 山下さんが好きな人なら きっと 私も大好きなはず 238


いつか 3人で 共演できたら いいね 290


毎日 現場が楽しそうだね


きっと P日記にも 毎日 焼きもちやくくらい


二人のこと 書くんだろうな


山下さんが 楽しいなら それでもいっか 391


 


なんか 話 それまくってますが(笑)


音楽について でしたね


『 抱いて セニョリータ 』 は 


最初から ” オレの曲 ” って


意識が 強かったけど


NEWSの曲は 今年のコンサートツアーで歌ってて


改めて ” 自分の曲になってきた ” って実感した・・・


って・・・


やっぱり 自由人?


とっても 正直者


少クラ プレミアムのときも そうだったんだけど


普段あんまり 自分の気持ちを 話さないくせに


話しだしたら 嘘をつけない


隠しておけない


まぁ そんなとこも 愛おしいんですけど(笑)


まぁ 『 同じ曲でも 過ごした時間の分だけ 変化する 』 


ってことで(爆)


しかし カラオケ店で 廊下を歩いてる山下さんと


遭遇したい~ 343


小窓に張り付いてて 通報されるな きっと・・・ 404


 


 


 


 

今日は 17の写真を眺めて


 『 one more time, one more chance 』


を 聴きながら → ここ


これ 読んでみてくださいね


 


『 恋バナ 』


天気のいい日に 窓を全開にして 二人で 部屋の片づけをしていた


ちょっと動くと 汗が落ちてくる


いつの間に 脱いだのか 智久は タンクトップ1枚に なっていた


もちろん 脱いだシャツは 腰に巻いている


軽々と 重いものを持ちあげる


両手に力が入ると二の腕 胸板 肩甲骨が 


特に強調されて 私は眩しくて 目を細めた


左肩に ほくろがあった


太陽の 光を浴びて 首筋の汗が キラキラと光っている


初夏の風に吹かれて サラサラの髪が 揺れた 


窓際で 伸びをしながら 外を眺めている智久に ドキドキした


私は 今すぐ抱きしめたい衝動を 押さえるのに 必死だった


智久が 本棚の片隅から1枚の MDを見つけた


『 これ 何の 曲かな? オレんだよね? 』


宝物を 見つけたように 笑いながら


ヘッドフォンを 右耳に当てている


首をかしげるようにして 聴いていた


ふと 気づくと智久が 遠い瞳をしているのに 気づいた


『 どうしたの? 何の曲 入ってたの? 』


 無言で 聴いている 智久


そっと 左のヘッドフォンに 近づくと


智久は そのまま 後ろを向いた


肩甲骨のあたりが 盛り上がり


うつむきかげんに 聴いていた智久の


二の腕に力が 込められたのが わかった


『 ひたって いたいんだね・・・


 ちょっと 一人に しておこうかな・・・ 』


 そっと その場を離れる


 


キッチンで 紅茶を入れていると


いつの間にか 智久が そばに来ていた


まだ ヘッドフォンに手を当てている


瞳を閉じたまま そっと顔を上げた


特別な思いの曲なのは 一目瞭然だった


智久は ヘッドフォンを外し 首にかけた


静かに 瞳を開けると 両手を 広げた


『 おいで 』


吸い寄せられるように 智久に抱きつき 腰に 手を回した


何も言わない二人


どちらからともなく そっとキスをした


唇を離すと 静かに智久が話し始めた


『 これ オレが失恋したときに 聴いてた曲なんだ・・・ 


 繰り返し聴いて 歌詞見て 涙したんだ・・・ 』


『 そっか・・・ 何の曲? 』


智久が ヘッドフォンを 私の耳に当てた


流れてきた曲を聴いて 驚いた


『 これ・・・ 山崎まさよし・・・ 


 私も 失恋したときに 聴いてた曲なの・・・ 』


『 ほんと?  同じ曲 聴いてたんだ・・・ 』


『 私 この曲があったから いい思い出に 出来たんだ。 


 これ聴いて 思いっきり泣いたから 吹っ切れたんだよ。 』


『 オレも。 あのときは 辛かったけど  


 今は いい思い出になってる。 


 あの失恋が なかったら  


 こうやって ゆみちんと出会うことも なかったからね。 』


『 そうだね。 』


ヘッドフォンを 片方ずつ耳に当て 曲を聴いた


二人微笑んで またキスをした


『 それより ゆみちんが失恋した人って どんな人? 


 そういえば ゆみちんの恋バナって 聴いた事ないなぁ。 


 オレ 興味ある。 聞かせてよ。 』


『 え~ 私の話はいいよ。 大昔の話だから(笑) 


 それより 智久をふる子のほうが 興味あるなぁ。 


 見てみたいよ。 その子の顔(笑) 』


『 顔は 関係ないじゃん。 オレ 好みの顔なんて ないもん。 


 別に メンクイじゃないし(笑) 好きになった子が タイプだよ。 


 オレ めちゃめちゃ ふられてるよ。 


 もう1曲 こころに染みる曲 あるもん。 


 「もう恋なんてしない」(笑) 』


『 アハハ。 私もその歌 大好き。


 めちゃくちゃ 引きずってる曲 ばっかりじゃん。 


 でも それだけ 真剣に相手のこと 思ってたんだね。 


 いい恋愛をすると いい男になれるよ。 


 人間的にも 成長する。 


 自分がされて嫌な事 相手にしないでしょ。 


 相手のことも 思いやれる人になれる。 


 だから 智久は やさしいんだね。 


 人の気持ち ちゃんと わかってやれる。 』


『 もう オレのことは いいよ。


 同じ曲でも 過ごした時間の分だけ 変化するからね。


 だから~ ゆみちんは どんな恋愛したの?  


 教えてくれないと お仕置きするぞ(笑) 』


ふいに わき腹をくすぐられて 悶える私


それでも 話さない私に 智久はムキになっていた


『 そんな いい男 だったの?


 教えないなら こうするだけだよ。 』


私を抱きかかえると ベッドに向かう智久


両手を ベッドにくくられた


首筋に キスする智久


段々下のほうに さがっていく唇


胸の一番高いとこに 唇が近づくと ふっと 避ける


今度は太もも


膝のあたりからキスして 


付け根のとこまで 唇が上がっていくのに


一番触れてほしいところは 避ける


そのじれったさに 私は我慢できなくなっていた


『 お願い・・・ して・・・ 』


『 何が お願いなの?


 どうしてほしいか ちゃんと 言ってよ。 』


『 ちゃんと話すから キスして・・・ 』


恥かしさに包まれながら 叫ぶ私


『 実はね。 私が 智久くらいのときに 


 心から 好きになった人がいて 9歳年上の・・・ 』


『 よく 出来ました。 でも もうストップ。


 オレ もう聴いてる 余裕ない。 後にして(笑) 』


それだけ言うと 智久は


私の全身に キスし始めた


『 お願い。 手ほどいて 智久に 触りたいの。 』


 『 だめ。 しばらく お仕置きだよ。 


 そのままで いなさい(笑) 』


智久に 触ることが出来ず もどかしかった


私に 覆い被さる智久の 二の腕に 触れたかった


左肩のほくろに キスしたかった


私の体を ぎゅっと 抱きしめてくれる 


その背中に 触れたかった


あまりの切なさに 涙が出た


涙ぐんでいると 


びっくりしたように 智久が 顔を覗き込んだ


『 ごめん。 悪戯がすぎたね・・・


 そんなつもりじゃ なかったのに・・・ 』 


そう言うと 手を自由にした


『 違うのよ。 智久の好きにして いいのよ・・・ 


 縛られたのが 嫌なんじゃなくて 


 あなたに 触れられないのが 辛かったの。 』


 私はそっと 智久の肩のほくろに キスした


二の腕 背中の感触を確かめるように 抱きしめた・・・


 


 


 


 



 『 one more time, one more chance 』もう一度ここ


これ以上何を失えば 心は許されるの
どれほどの痛みならば もういちど君に会える
One more time 季節よ うつろわないで
One more time ふざけあった時間よ

くいちがう時はいつも 僕が先に折れたね
わがままな性格が なおさら愛しくさせた
One more chance 記憶に足を取られて
One more chance 次の場所を選べない

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
向いのホーム 路地裏の窓
こんなとこにいるはずもないのに
願いがもしも叶うなら 今すぐ君のもとへ
できないことは もう何もない
すべてかけて抱きしめてみせるよ

寂しさ紛らすだけなら 誰でもいいはずなのに
星が落ちそうな夜だから 自分をいつわれない
One more time 季節よ うつろわないで
One more time ふざけあった時間よ

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
交差点でも 夢の中でも
こんなとこにいるはずもないのに
奇跡がもしも起こるなら 今すぐ君に見せたい
新しい朝 これからの僕
言えなかった「好き」という言葉も

夏の思い出がまわる
ふいに消えた鼓動

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
明け方の街 桜木町で
こんなとこに来るはずもないのに
願いがもしも叶うなら 今すぐ君のもとへ
できないことは もう何もない
すべてかけて抱きしめてみせるよ

いつでも捜しているよ どっかに君の欠片を
旅先の店 新聞の隅
こんなとこにあるはずもないのに
奇跡がもしも起こるなら 今すぐ君に見せたい
新しい朝 これからの僕
言えなかった「好き」という言葉も

いつでも捜してしまう どっかに君の笑顔を
急行待ちの 踏切あたり
こんなとこにいるはずもないのに
命が繰り返すならば 何度も君のもとへ
欲しいものなど もう何もない
君のほかに大切なものなど


 


山崎まさよしさん すばらしいです


名曲です


私の失恋ソングなのは 本当です(笑)



 


 

スポンサーサイト

ジャンル : アイドル・芸能
テーマ : 山下智久

[ 2007/06/02 02:22 ] 妄想日記 | TB(-) | CM(4)
こんばんは~。かなりのご無沙汰です。
その節は、いろいろとどうもです。
SEVENTEEN、まだ読んでいないんですよ~(泣)
今回は、そんな素敵な写真があるんですね。
私も、タンクトップ好きなので(爆)楽しみです。
ゆみちんさんが言っている通りで、
普段はあまり自分の気持ちを話したがらないというか…
何考えてるんだかよく分からないのですが、
話し出したら、すごく正直。
そんなところが私も大好きです。
ただ、正直にすぎて、こっちでたまに無駄な心配をして、
胸がイタくなることもしばしばですけどね。


下のエントリーの話ですけど、私も同じ気持ちですよ。
一応…(他にも好きな人がいるので、自信はないですが)
何だか、みんなヤマピーから離れていってしまって、寂しいですよね。みんなの気持ちが分かるような分からないような…?
とっても複雑なんですけど、ずっと見守っていきたいです。
これからも、変わらずに一緒に応援していきましょうね♪
また、遊びにきます。
[ 2007/06/02 23:44 ] [ 編集 ]
お返事♪

takachan さんへ

こちらこそ ご無沙汰しております。
17 もう見れましたか?
毎回写真がよくて 楽しみですね。
山下さんの正直なところは かなりイタイときも
あるけど、好きなんですよね(笑)
前のエントリーにも共感していただいたようで
嬉しいです。

takachan さん あのお方(笑)と
慶ちゃん見に行かれるんですよね。
壊れそうになるあの方を、なんとか呼び戻してくださいね。
慶ちゃんを拉致してきそうな気がしますので・・・(笑)
何とぞよろしくお願い致します。
[ 2007/06/03 22:48 ] [ 編集 ]
お久しぶりです♪
ゆみちん。おはようございます。
お久しぶりですv-238

この「17」素晴らしいですよね~v-354v-354v-354
パーフェクトv-218

私は、一度開いて、
あまりのスゴサに「ひゃっ」と声を出して、
本を閉じてしまいました(笑)。


そして、
ゆみちんの「read more…」もパーフェクトです。
素晴らしい~v-425

今、会社でこっそり拝見してるので、(お~い!仕事しろ~)
17も手元にないし、音楽も聴けないけど、
ゆみちんの素晴らしい描写で、
17の写真が脳裏によみがえってきました。

特に、
3枚目の写真の描写にうつるあたりで壊れそうになり、
「おいで」で完全崩壊いたしました。

わたくし、今日はお仕事が手につきません(笑)。

いつも素敵なお話をありがとうございますv-238
[ 2007/06/04 10:11 ] [ 編集 ]
シンコさんへ

お顔がないのでちょっと寂しく思っていました。
17 いい写真ですよねv-238
妄想お褒めにあずかり光栄です
でも・・・シンコさんももう耳に入りましたよね?
大丈夫ですか?
私は 今割り切りました。
割り切ったつもりです。
落ち着いたら また妄想するので遊びにきてくださいね。
[ 2007/06/05 23:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。