三日月に誓って

山下智久くんに出会って生まれ変わった私です。 イタいほどの愛を語ってます。お智達募集中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

W誌

 


では お待ちかねの W誌行ってみよう!


まず 表紙の 6人の笑顔に 癒されます


しかし 山下さんの クルクルヘア やばすぎます 415


見とれること 数分 しかし 何回見ても かわいい~


 


そして 果て無き旅


6人が 一列になってます


みんな かっこいいよ~ 238


 


その次の 一人一人の 写真


私が一番大好きな 山下さんの 下なめの 顎のライン


20070308224411.jpg


ステキ~ 舐めたい・・・ 10


今回は 産毛までわかる


ちょっと 赤いプツプツが 出てるのもわかって リアル


目も 鼻も 唇も 耳も のどぼとけも 好き


目にかかる 髪の毛さえも 愛しく感じる


結局全部 好きなの


また 見とれること 数十分


いったい いつになったら 進めるのか・・・


 


そして また6人でのショット


黒いシャツ はだけてるし


胸板 見せてるし 


何気に添えた 親指が セクシーだわ


表情は 『 ちゃんと オレを見て 』 って感じ 402


20070308224425.jpg


 


そして 対談下の お宝ショット


目隠しプレイね 10 10 10



20070308223322.jpg


後ろの 撮影こぼれ話しによると


山下さん自らの アイディアだとか!


やっぱり うちらのとこ 覗いてるよ 姐さん


そんなに やってほしいのね


いいわよ 待ってて すぐにでも やったげる (笑)


そして 対談内容にもある


座位プレイ しかも 対面で!


これ 密着度が高いのよ~ 344


しかも お顔見ながら するから 燃えるのよ~ 41


おっぱい星人と 噂されるだけあって お好きなようね 345


かなり 自由にできるのよね この体位


おっぱいを! 


顔をうずめたり 舐めたり 噛んだり・・・


もちろん モミモミしたり つまんだり・・・


私も 同じようにしてあげる


山下さんのちっちゃい チ○ビを!


そして 下からの 突き上げ 19


すごいだろうな 山下さんのは・・・ 24


はぁ 私もされたい・・・(爆)


そして 後ろ姿


お尻 ちっちゃ


コンの写真は あらためて 事務所がお金かけてくれたんだと


実感しました


ステージにしろ 衣装にしろ


すべてが お金かかってる


かなり バックアップしてもらってるんだね


見捨てられてないよ NEWSは


TEPPEN 目指さないとね 


はぁ 今日は久々に 書いてて 興奮したよ 10


 


 


 

 


『 二人の出会い 最終話 』


 


モーニングコールの後 彼からの 連絡はなかった


正直 寂しいような 気もしたが ほっとしたのも 事実だった


単なる 気まぐれだったのだと 思うことにした


私は 普段の生活に 戻るだけだった


年末 お正月 慌しい毎日で 彼のことは 忘れていた


普段 めったに TVを見ない 私は


彼を 取り巻く環境が 


変わっていたのにも 気づかなかった


 


2月に入ると 私の携帯に


彼からの 着信履歴が 何回かあった


いつも マナーモードにしてる 私は 


着信に気づくのは 夜中だった


 


仕事が一段落した私は 急に 彼のことが気になった


いつ 電話したらいいのか 悩んだ


仕事中だったら 迷惑だよね


メールなら いいかな?


迷った挙句 メールすることにした


『 何回か 電話くれたみたいだけど


 何かあった? 元気にしてる 343 』


送信と同時に 彼から電話があった


『 やっと つながった。


 今から 会えないかな? 』


『 えっ 今からって もう 1時だよ 』


『 お願い。 限界なんだ。 


 今どこ? これから行くよ 』


『 今 家だけど・・・ 


 明日じゃだめ? もう遅いし・・・ 』


『 明日じゃ だめなんだ。 


 今 会いたいんだ・・・ 』


しばらくぶりに 聴いた声は


この間の 明るい声ではなかった


なんか 切羽詰った声に 思えた


『 わかった いいよ。 場所わかるかな 』


私は マンションの 住所を教えていた


1時間ほどで 彼はやってきた


ドアの前に立った彼は やつれた表情をしていた


ソファーに座らせると 私は お気に入りの 紅茶を入れた


ミルクティーにしよう 


彼の表情から 何かあったことは 一目瞭然だった


マグカップを 両手で持ち 両膝を抱えて 彼は小さくなっていた


私は 何も言わずに となりに座った


何分 そうしていたんだろう


ゆっくりした 時間が流れた


最初に 口を開いたのは 彼の方だった


『 なんで 何も 聴かないの? 』


『 別に。 


 話したくなったら 自分から話してくれるでしょ。


 無理に話してくれなくても いいよ 』


『 ありがとう 』


それだけ言うと 彼は マグカップを テーブルに置いた


『 ちょっと 眠ってもいいかな 』


私の肩に もたれかかってきた


私は ごく自然に 彼に 膝枕をしてあげた


髪を 撫でていると あっという間に 眠りに入った


『 若いのに いろんなこと経験してるんだろうな。


 まだ 20だっけ?


 それを 口に出すことも 許されないのか・・・ 


 かわいそうに・・・ 』


さらさらの髪を 撫でながら


膝枕をしたまま 私も眠ってしまっていた


 


朝 目が覚めると 彼の姿はなかった


テーブルには メモと スポーツ新聞があった


メモには


『 ゆうべは ありがとう。


 一週間ぶりに ゆっくり 眠れました。


 そして 何も 聴かないでくれて ありがとう。  


                            智久  』


と 書いてあった


スポーツ新聞の見出しに 私は自分の目を 疑った


《 NEWS メンバーの飲酒問題で 年内活動休止 》


私は 急いで 電話をした


『 今どこにいるの 大丈夫? 』


『 初めて ゆみさんから 電話くれたね 』


『 そんなことより 今 どこにいるの 』


『 マンションの下 』


窓を開けると 彼が手を振っていた


『 待って! そこにいて 動かないで! 』


電話しながら 私は 部屋を出た


エレベーターを待っていられなくて 階段を 駆け降りた


『 ドラマみたいだね(笑) 』


『 何 言ってんの・・・ 』


電話で 話しながら 近づいていく


彼の 作り笑顔を 見た瞬間


私は 彼を 抱きしめていた


『 辛かったね。


 もう がまんしなくていいんだよ 』


彼の 髪を撫でた


抱きしめていると


彼が 声を押し殺して 泣いているのがわかった


思わず 彼の背中を ポンポンした


母親が 子供を あやすように・・・


 


 


『 やべー はずかしい やっちまったよ・・・


 オレ 人前では 泣けないはずなのに・・・ 』


鼻をすすりながら 彼が話す


照れくさいのか こっちを見ない


『 まだ 時間ある?


 戻って 朝ご飯 食べよう 』


『 実は ハラペコなんだ。


 ここんとこ あんまり 食べ物 受け付けなくてさ 』


『 何がいい? 』


『 コーンフレークに 目玉焼き! 


 欧米か(笑) 』


『 それ 使い方 間違ってるよ(笑)


 だめよ 日本人なら やっぱり 朝は 


 味噌汁に ごはんよ 』


『 はーい 』



朝ご飯を 食べながら 二人で いろんな話をした


お互いの 仕事のこと


今 思っていること


リーダーとして みんなと 


どう接したらいいのか 悩んでいること


これから どうしたいのか ということ


彼は 言葉にすることで 納得したようだった


私の 言葉なんか 必要ない


自分の進むべき方向を 自分で 見出したように 思えた


一つ 大人の階段を登ったような 気がした


 


『 実はさ メルアド教えたとき 


 次やる ドラマのことで 聞きたいことあったんだ。


 でも こうして 助けてもらって 嬉しかった。


 あのとき この人になら 話し聴いてもらいたいって


 直感的に思ったんだよね。 


 オレって 人を見る目 あるでしょ(笑) 』


『 よく言うよ


 あのとき 電話 ブチっと切ったくせに


 結構 凹んだんだから。


 自分で起こしてって 言ったくせにさ~


 しかも アドレス教えてくれたのは


 ほんとは 仕事のためだったのね。 


 ちょっとでも 期待して 損した 』


『 あ~ あんとき ケータイの 充電切れてさ


 急いで 充電しようとして 


 ベッドからケータイ落として 壊しちゃったんだよ。


 ごめんね。 


 忙しくて 新しいのを 


 なかなか 買いにいけなくてさ。


 すぐ 連絡しようと 思ったんだけど


 いろいろあってさ・・・


 ところで 何を 期待したの?  』


いたずらっぽい表情で 私を 覗きこむ


思わず はずかしくて 目をそらした


慌てて 片づけをしようと 立ち上がった私を


彼は 引き寄せた


私は よろけて 彼の胸に 倒れこんだ


以外に 厚い胸板に 驚いた


華奢な体を 想像していたのに・・・


彼が 真剣な目で 私を見つめている


その瞳に 吸い寄せられるように


私たちは 初めてのキスをした


彼の唇は 柔らかかった・・・


 


『 いいのかなぁ こんな おばちゃんと


 キスしちゃって・・・ 』


『 いいの!


 でも ゆみちんとの 初めてのキスは


 味噌汁の味 だった(笑) 』


なんて かわいいやつ 238


私の中で 何かが ブチっと 音を立てた


私の理性が ふっ飛んだようだ


思わず私は 彼を ソファーに押し倒していた


朝の柔らかい光に 目を細めながら


彼を 見つめた


金色の光に 包まれた彼は


この世のものとは 思えなかった


まるで 天使のよう・・・


今度は お互いを 確かめるように キスをした


どちらからともなく 舌を絡めた


お互い 服を脱ぐのも もどかしく 抱き合った


夢ごごちのまま 彼を抱いた


若い彼の 383 は すごかった・・・ 


快楽には 終わりがないように 思えた


私が 夕方 夜勤に出かけるまで お互いを 求め合った


 


久々に 酷使した 腰をたたきながら 出勤すると 


後輩に 目の下の クマを 指摘され 


かなり 動揺してる 私がいた・・・


 


夜勤 終わって帰ったら また 来てたりして!


どうしよう 私の体 持たないな~(笑)


 


 


(完)


 


 


 


 


 


長々 妄想に付き合って頂いて


ありがとうございました


いつか 二人の出会いを 書いてみたいと


思っていたのですが


以前書いたのものと 照らし合わせたりして 書いてるうちに 


あれもこれもと 欲張ってしまって・・・


こんなに 長くなっちゃいました


しかも 最後は ごーいんに 押し倒しちゃいました


初キス&初エッチ  10


その後は みなさんのご想像におまかせします


不快に思われる方がいたら ごめんなさい


単なる 自己満足です


 


あぁ こんな出会い方 ないかなぁ


うちの いなかの病院に 山下さんがくるわけないか・・・


映画の撮影だったら 可能性あるかも!


でも ほんとに 点滴することに なったら


手が震えて 刺せないかも


失敗して 痛そうなお顔も 見てみたかったりして(爆)


 


 

スポンサーサイト

ジャンル : アイドル・芸能
テーマ : 山下智久

[ 2007/03/09 02:03 ] 妄想日記 | TB(-) | CM(9)
完結したね
ゆみちんとぴぃの出会いはそういう事だったのね。
で、最終的には腰が辛くなるほどそうなるのね(笑)
楽しませてもらったわ~。

後数時間で生のぴぃだよ。
ゆみちんはリアルタイムで見れそう??
w誌良かったね~。食いついたよ目隠しに。
しかもぴぃのアイデアとは・・。さすがです。
極めてます。だてに生々しい歌詞を書いてる
訳じゃないのね。
しっかしいつも思うけどぴぃって鼻毛ないよね?
どこまで切ってるんだろう(笑)

ゆみちん、私はさかりのついた犬だけど(汗)
早生まれだからタメだよ。ったく私がおマセに恋とか
してる頃ぴぃが生まれて来たと思うと・・若返りてぇ~。
[ 2007/03/09 15:32 ] [ 編集 ]
いいないいな~゙o(≧∇≦)
Pちゃんとおねえはそうやって結ばれたんですね♪♪
まさか その日からすでに目隠しプレイじゃなかったですよね?(笑)
たのしめましたっ
またその後のふたりを書いてくださーい☆
Mステで新生Pちゃんに会えましたねっ
かわいすぎるー!
[ 2007/03/10 00:21 ] [ 編集 ]
呼んだ?
ホントにPは覗いてるんじゃないか?って思うくらい
マトを得た事するよね?(笑)
一体なんなんでしょう?

ねぇ・・・Pっておっぱい星人なの?
きゃ~~!私、揉んでもらえない?(泣)
ショック~
[ 2007/03/10 22:18 ] [ 編集 ]
お返事♪
あおぴぃへ

最後まで妄想に付き合ってくれてありがとう
ここまでくると イタいの通り越してキモイよね・・・
自分でもわかってるんだけど どうしようもない・・・
なんかちょっと凹んでます
好きなものは仕方ないんだけどね・・・

鼻毛ね・・・ 生えてないんじゃないの(笑)
どうかな?メイクさんがやってくれるのかな?
いや それぐらい自分でするか・・・(爆)
慶ちゃんがやってくれてたりして(笑)
私12月生まれだから 数ヶ月しか違わないのかな?
あおぴぃに 会いたいなぁ


めいちゃんへ

最後までお付き合いいただいて ありがとう
こんなキモイおばちゃんだけど
許してくれる?
二人のその後ね OKよ
落ち着いたら また書くね
あっ ここだけの話
初エッチは ノーマルだったよ(笑)


姐さんへ

山下さん おっぱい星人 らしいよ~
でも デカイのが好きかはわかんないから
大丈夫だよ 結構 手のひらサイズがいいって言う人 いるよ(笑)あれっ 何か私失礼なこと言ったかしら・・・(爆)
[ 2007/03/11 18:19 ] [ 編集 ]
ぎょえ~あにきと同じく~ぴぃがおっぱい星人だなんて~ショックだわ~(泣)
でも~ほら~家族がおっぱい大きいと~見飽きて小ぶりがいいかもよ~(爆)

ゆみちん~文章力あるね~!
尊敬するわ~(≧∇≦)ノ彡 
楽しく読ませてもらいました♪

あ・・・この度、ブログタイトルを変更したので~お手数ですが、ヨロシクお願いします♪
[ 2007/03/12 22:17 ] [ 編集 ]
お返事②♪
ゆうこりんへ

ゆうこりんも おっぱい星人に食いついたの(笑)
噂だから ほんとのとこ わかんないよ
でも 手のひらサイズがいいって人もいるからさぁ・・・
あれっ また地雷ふんだかな(笑)
妹さん おっぱい大きいんだっけ?
Pちゃんは もっ○り だもんね
遺伝かしらね?
妄想書き出すとやめられないのよ
もうなりきってます!
あっ ブログタイトル ももねさんとこ 遊びにいったときに
ゆうこりんのコメ読んで もう変更したよ~
[ 2007/03/12 23:15 ] [ 編集 ]
ゆみち~ん!
お久しぶりですぅ~。
Pおっぱい星人なのぉ?!(今頃言ってる?笑)
私もショック・・・だわ(笑)かな~り。

しかしゆみちんのとこのPって、私
とっても好き♪優しくって可愛くって繊細で・・・
素敵だわ~♪
ノーマルなのね~それも素敵(笑)
[ 2007/03/14 18:26 ] [ 編集 ]
ゆみちん~♪
又最初から一気にずらーと読んだよ!!
すごい妄想ー(笑)
恐れいりました!!
キレイな妄想よ!!
又楽しみにしれるから♪お願いね!!
それにカードありがとう♪
[ 2007/03/14 22:30 ] [ 編集 ]
お返事③♪
ゆゆさんへ

ここにもいた!おっぱい星人にくいつく人が(笑)
だから~ あくまでも噂だよ
手のひらサイズが好きかも知れないじゃん(爆)
地雷踏みまくりだよね(笑)
ゆゆさんの
『 ゆみちんのとこのPって・・・ 』 って言い方
なんか嬉しいんですけど!
もっと言って~
『 優しくって可愛くって繊細で・・・ 』も嬉しいです
ありがとね


ひろちんへ

抜け殻状態 脱したかな?
私はこのまま 来週のコンに突入しそうよ(笑)
現実逃避してばかり・・・
さすがにもうやばいよね
仕事に影響しそうなので・・・
妄想読んでくれたの?
嬉しいです 
ひろちんがコメしてくれてる間に
また書いちゃったよ(笑)
もう 病気だよね!
カード喜んでくれた?よかった~


[ 2007/03/14 22:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。