三日月に誓って

山下智久くんに出会って生まれ変わった私です。 イタいほどの愛を語ってます。お智達募集中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

はぁ…

なんですか あれ!

non-no 

かわいすぎる… 



浴衣姿…   


今より 髪の毛長いから

やさしい雰囲気だね 


隣の女の子も かわいい…

お似合いだな 



プライベートでは

浴衣でデートしたことないのかぁ…


うん

だって そのビスじゃ 目立つよね(笑)

すぐ 囲まれちゃうね 



いつか ほんとに好きな人出来たら

囲まれてもいいから

浴衣でデート するんだろうなぁ…


もちろん 恋人手繋ぎで!

うちらに見せたことのないような

ニッコニコの笑顔でね! 













いつか


私としようね(笑)










すぽるとに

五十嵐圭さんと

山下さんが出たって聞いて

またまた 探してきました~ 


五十嵐さんも イケメンですね 



すぽると


キャ- 








『Y日記 VOL.33』



『あのさぁ…

この前 雑誌の取材で 浴衣着たんだ。

なんか 背筋が ピンって伸びるよね。

日本男児って感じがした(笑)』



『あぁ… それでしょ!

non-no

智久 かわいかった!』



『えぇ~ もう買ったの!?

ゆみちん はぇ~(笑)


って 人の話 聞いてないし!』



『いいなぁ…

私も智久と浴衣でデートしたい…


目立つから 無理か…

無理だよね…』



『なんで?無理じゃないよ。

行こうよ!


この時の撮影で着たの 借上げたんだ。

ほらっ これ!』



屈託のない笑顔で話す智久がいた



私ったらばかね。 無理に決まってるのに…



『ゆみちんのもあるよ!

紫色のやつ!

ゆみちんに似合うと思って

頂いてきた。


ほんとは 妹さんにどーぞって 

言われたんだけどね(笑)

あいつは ピンクの方がいいって言うに決まってるし!』



『ほんとに…

うれしい…


じゃあ 近所を散歩するだけで いいよ。

智久に 着せてあげるね』




腰 細い…

帯 何回も巻けちゃう(笑)


何着ても 似合うな



『帯 きつくない?

大丈夫?』



『うん。 大丈夫だよ。

早く ゆみちんも着てね。



あっ!

髪の毛 アップにしてね。


うなじ…見たい(笑)』




『もう…

おやじみたいな事 言わないの(笑)


この帯 簡単につけれるんだね。



こんな感じで いいかな?

変じゃない?』



『めちゃめちゃ似合ってる!

早く行こう!』




手を引っ張る智久

数人の女の子が振り向いている


そんなことを気にする様子もなく

智久は どんどん歩いていく…



『智久…ほんとに大丈夫…かな?』


『何が…?

たしか この辺で 縁日やってたはず…




あっ あった!

ゆみちん ここだよ!



金魚すくいと 水風船やろ!』



私をまっすぐ見つめる智久がいた

その瞳に見つめられると

もう 他の事は 考えられなくなった…


『私は 綿あめ 食べたいなぁ…

あと チョコバナナ(笑)


あっ 待って!

金魚すくい

競争ね。』



智久が 3匹

私が 2匹

いい勝負だね(笑)


隣で 小学生と思われる兄弟が がんばっていた

ようやく1匹…


その後 何回やっても 逃げてしまう…

妹が 今にも泣き出しそうになっている


『ねぇ 智久

女の子 泣きそうだよ。

これ あげていい?』



『ゆみちん いいの?』

『うん。

だって 家に持って帰っても

私 夜勤でいないときあるから

これから 暑くなったら 金魚 死んじゃうでしょ。

いつも すぐ死なせちゃうから

ほんとは 持って帰るの 嫌なの。

喜んでもらえるなら あげようよ。』



『そうだね。


はい。これ。

かわいい妹さんに

俺からプレゼント。』



『あっ 二人

ニコニコの笑顔になった。

よかったね 智久。


昔 智久も 莉奈ちゃんに 金魚すくい してあげたの?』




振り向いた智久が 急に真面目な顔になっていた


私の手を 強く握ると

腕を引っ張り 抱き寄せた


『あっ…』


ふいをつかれ よろめいた私は

智久に 抱きしめられていた



『智久!?

ど、どうしたの?

みんな見てるよ…』



『もう 限界

早く 帰ろう!』



『えっ!? 怒ったの?

ごめんなさい…』




『違うよ。

だって…ゆみちん

金魚がかわいそうなんて

かわいいこと言うから…



もう チューしたくて 限界だよ(笑)

早く 家帰ってしよ!』



『えっ…もう帰るの?

私 ラムネも飲みたいし

おせんべ 食べたい…』



『そんなん 買って帰って 家で 飲もう。

家に行けば 黒こしょうせんべいあるよ(笑)

ほら!行くよ!』




なぜか 駆け足になる智久

心なしか 腰が引けてるよう(笑)


まさかね(笑)


『智久… 腰引けてるよ!

もしかして…(笑)』



『そうだよ!

ゆみちんが悪いんだよ!

かわいいことするからさ!

おしおきしちゃうよ(笑)』



『   

おしおき 楽しみだな(笑)』



『もう 帯クルクルしちゃうぞ!

覚悟してね。』

















スポンサーサイト

ジャンル : アイドル・芸能
テーマ : 山下智久

[ 2009/06/21 20:56 ] 妄想日記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。