三日月に誓って

山下智久くんに出会って生まれ変わった私です。 イタいほどの愛を語ってます。お智達募集中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1111 ~HAPPY BIRTHDAY~ 

HAPPY BIRTHDAY 手越さん 

いよいよ 20歳だね 

ものすごいスピードで 進化を遂げているあなた

眩しいくらいだよ 

NEWSの一番末っ子だけど

歌に対するパワーは 一番強いね

どうも 音程が不安定なリーダーなので(笑)

歌の面では これからも 引っ張っていってください

とても 楽しそうに歌ってるよね

見ていると ほんとに歌が好きなんだなぁって

思います

20歳のお祝いに 

山下さんに お酒飲みに連れてってもらってね 

シゲとのときよりも 盛り上がるかも(笑)

それとあなたの 悪気のない自己中なとこ 大好きです

他のメンたちも それがわかってて 

あなたがかわいくて 仕方ないんだよ

『尊敬する先輩は?』 の質問に

あなたが

『山下くん』 って答えたのが ほんと嬉しかった

あの人 誉められると伸びるから

これからも ヨイショ していってくださいね(笑)

手越さんにとって すばらしい一年になりますように!








『Y日記 Vol.8』


NEWSのシングル・アルバム同時発売で
智久の周りが忙しくなってきた
映画の撮影は無事に 
クランクアップしたらしい
やり遂げた充実感・達成感を
嬉しそうに 電話で話していたが
『忙しくて会う暇がない』って 
寂しそうに言ってくれたことが
私は嬉しかった

久々に 歌番組への出演も嬉しかった
以前の ちょっとよそよそしい感じのメンバー達が
今は 画面を通しても 
仲がいい感じが伝わってくる
ほんとに4年の月日ってすごいんだなって思えた
人見知りの智久が 
こころから大事だって思えるメンバーに 
変わったのだから…

でも ちょっとグダグダすぎない?!
私はそんなメン達を愛しいと思うけど
世間の人達は…?
やっぱり 山下智久と言えば 
なんでも きっちりこなすイメージ?
実際は 負けず嫌いだけど
かなりの 天然くんなんだけど
本人は 自覚ないから(笑)
若いお姉ちゃんたちは
なんでも完璧にこなす
王子様 智久がいいんだろうけど
年上のお姉さま方は わかってるよね
天然 智久のよさ(笑)
ほんと かわいい!

亮ちゃんと一緒に
ラジオに ゲスト出演しているのを聞きながら
あれこれ思い描いていた
『これからは 等身大の山下智久を 
 見せていくのかな』
って思った
それで いいんだよね
あんまり 優等生な智久ばかり見せてると
ちょっと 道からそれると
反響が 大きすぎてね…
智久が 疲れちゃうよ
かっこいいとこも
だめなとこも グダグダなとこも
エロいとこも かわいいとこも(笑)
すべて 智久の魅力なのだから
いまある智久のイメージは
いまのうちに 壊してしまって
いつも 新しい智久を見せていけばいい

無償に智久の歌声が聴きたくなって
『pacific』をかけた
どうしても『ゴメンネ ジュリエット』が聴きたくて…
ヘッドフォンで 大音量で聴いていると
切なくて 涙が出た

『智久 いつ こんな恋愛したんだろ…?
 つか 私の話 したんだっけ?
 バリバリ 被ってるんだけど…』


ハードリピしていると
後ろから抱きしめられて
ヘッドフォンを外された

『何 聴いてんの?
 何回 呼んでも気づかないし!
 って 何 泣いてんの。』


『泣いてなんかないよ。
 あれっ?ラジオは?』


『泣いてるじゃん。鼻すすってるし(笑)
 ラジオは 1時で終わったよ。』


もう 2時を過ぎていた

『ラジオ 聞いてなかったの?』

『途中まで聞いてたのよ。
 でも pacific 聞き始めちゃって…』


『買ってくれたんだ。
 俺も 持って来たよ。』


『だめ。こういうのは 自分で買うの。
 ランキングに貢献したいから(笑)』


『ありがとう。
 でも 涙流すような曲 あったっけ?』


ヘッドフォンに耳を寄せる

『ゴメジュリじゃん。
 俺 嬉しいかも。
 でも なんで泣くの?』


『私の 知らない智久がいたから…
 それと 私も同じ気持ちになったこと 
 あるから…』


『前に言ってた 年上の 彼のこと?』

『そう… 私が智久ぐらいのときかな。
 ほんとに 好きになった人がいたの。
 その人と出合ったとき、
 正確には その人を意識したとき
 人を愛するってことが 分かった。
 ほんとに 毎日が鮮やかに色づいたの。
 何を失ってもいいって 思えた。
 何回もキスを重ねて 抱き合って…
 ほんとに 目が見えなくても 
 彼だってわかるくらい 抱き合ったなぁ。
 でも 抱き合うたびに お互い気づいたんだ。
 これだけ 愛していても 
 乗り越えられないことがあるって。
 このままだと お互いを傷つけてしまう…
 悲しいけど 気持ちだけでは 
 どうにも出来ないってこと 思い知らされた。
 運命ってあるのかなって…
 今でも ある匂いを感じると
 鮮やかによみがえるほど  
 体に染み付いて… 
 んっ…ちょっ…待っ…』


私の言葉を遮って 強引に智久が唇を奪う

『もう いいよ。 聞きたくない。』

いつもより 乱暴なキスは 
やきもちを妬いてくれてるの?
余裕のない表情で 私を見つめている
痛いぐらい腕をつかまれ 抱きしめられた
そのまま ソファーに押し倒された
いつもの智久らしくない

『違う。違うんだよ 智久。
 私が言いたかったのは その後だよ。
 たしかに 彼と別れた後 
 私は こころを封印した。
 もう 誰にもこころを開かない、
 開いて傷つきたくないって 思った。
 実際 何年もそうしてきたんだ。
 そのときを思い出して 泣いちゃったけど…
 でも 智久と出会ったとき 
 また人を愛する事を 思い出したんだ。
 モノクロだった私の毎日が 
 カラーに変わったんだよ。
 ありがとう 智久。
 それが 言いたくて…
 でも人の気持ちは 変化する。
 心変わりは どうにも出来ないよね。
 嫌になったんなら はっきり言ってね。
 智久が 歌詞のように 終わりと考えてるなら
 智久の 負担だけにはなりたくない…私。
 それが辛くて 泣いちゃったんだ。』


智久は きつく抱きしめていた腕を緩め、
涙の浮かぶまぶたにそっとキスをした

『ごめん。俺 勘違いもいいとこだね。
 一人で舞い上がって やきもち妬いて…
 俺は ここまで人を愛して
 別れた事はまだないけど、
 俺の持てる感情全部で 
 想像して詩を書いたよ。
 「もし目が見えなくなっても 君だとわかるだろう」
 のとこは ゆみちんとの事を思って
 キスや抱き合ったことの思いを 書いたんだ。
 でも決して 別れを想像して書いたんじゃないよ。
 そうなりたくないから 余計に詩にしたんだ。
 俺は 前向きに生きる男だから(笑)
 負担だなんて思ってないよ。
 だから 泣かないで。
 むしろ俺の方が
 ゆみちんの負担になってるんじゃないかって
 心配だよ。』


『ありがとう。そんな風に思ってくれてたんだ。
 嬉しいなぁ。
 私も歌詞にちょっとだけ やきもち妬いてたの。
 智久に こんなに思われてた人が羨ましいなって。』


『二人とも やきもち妬きだね(笑)
 さぁ 一億回キスしないとね。
 あと 目が見えなくなってもわかるように
 抱き合わないと(笑)
 って もう俺は分かるけどね。
 でも ゆみちんに染み付いてる
 元彼の匂い 俺が消してやるよ。
 俺がゆみちんの運命なんだって
 分からせてやるよ。』


優しい瞳で 見つめられた
まっすぐな智久の瞳
痛いぐらい…

もうとっくに智久の匂い 
染み付いてるよ
もう 分かってるよ
運命って あるんだよね
私のこの目が 見えなくなるときは
智久との 別れのときと 
心に決めた…

そうじゃないと 辛すぎるから…










スポンサーサイト

ジャンル : アイドル・芸能
テーマ : 山下智久

[ 2007/11/11 00:00 ] 妄想日記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。